×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


19
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


俺は全てを語った。 

信じては貰えないだろう・・・ 
深雪は、俺を抱きしめた後、俺の目を見つめた。 

「伸二、疲れているんだね・・・ 
 暫く温泉かどっかで休もうよ・・・」 

信じてもらえるとは思ってはいなかった・・・ 
ただ、無性に虚しさだけが、俺の心を刺激した。 
そして、無き罪への罪悪感。 
その二つが俺の中をぐるぐると駆け巡った。 

次の日。 
長期休暇を取り、深雪に言われるがまま温泉旅行に行く事になった。 

「思い出を作ろうね。」 

深雪は、そう言うと俺の手を引っ張り夜行バスへと向かった。 

いつも以上にはしゃぎ。 
いつも以上に甘えてきた。 

一生懸命元気付けようとしてくれる気持ちが痛かった。 
そして、すぐにそれが、顔に出てしまう自分が情けなかった。 

「伸二?大丈夫だよ。大丈夫」 

その度に深雪は、そう言って俺を励ました。 
そして、引っ張られやってきた先は・・・ 

景色が良く見える見覚えのある高い丘だった。 

「ここから見える景色には家やビルしかないけれど・・・ 
 その家やビルの中には、色んな人が居るんだよね」 

深雪は何を言っているのだろう・・・ 

「その人の中には、色んな事をやり直したくても・・・ 
 どんなに頑張ってもやり直す事が出来ない人も居る。」 

「でも、伸二は違うよね?」 

「・・・え?」 

「時間を戻れる薬、作ったんでしょ? 
 それで、私を助けてくれたんだよね?」 

「ああ・・・ 
 でも、信じてくれてたのか??」 

「あはは・・・ 
 伸二との付き合い長いもん。 
 嘘をついているか居ないかなんてすぐにわかるよ。」 

深雪はニコリと笑い言葉を続けた。 

「伸二は、過去にさかのぼる薬を作れたんだもん。 
 タイムマシンのような薬だって作れるよ。」 

「深雪・・・?」 

「もしも・・・ 
 もしも・・・ 
 その薬が完成したら・・・ 
 伸二が、私の背中を刺してね。 
 知らない人に刺されるのは嫌だけど・・・ 
 伸二ならいいかなって思うから・・・」 

何を言ってるのだ?? 
何が聞きたいのだ?? 

「私も、手伝うから。 
 一生懸命手伝うから。 
 ね?いいでしょ・・・」 

深雪の目は本気だった。 
優しく微笑んでいるその瞳の奥に。 
本当の優しさを感じてしまった。 


「一生掛かってでも・・・ 
 一生掛かってでも、作ろうね」 

「ありがとう。」 

俺は、ただお礼を言うしか出来なかった。 


if 〜 未来で生きた君へ・・・

top Back Next