×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


20
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


あれからどれ位の時間が過ぎたのだろう… 

俺達の子供が生まれ、一年が過ぎようとした頃… 
薬が完成した。 

深雪は、子供を抱き締め、俺の顔を見つめた。 

「プスリと刺してね… 
痛くないように、プスリと…」 

苦笑いを浮かべながら深雪は、俺にナイフを渡した。 

「どう言う事だ?」 

「確かに、過去は変えれるようになったけど… 
それって、やっぱいけない事だと思うの…」 

「いや、でも…」 

深雪は、悲しそうな笑顔で、口をつむった。 

その時、あの時の銘の姿が脳裏を過ぎった… 

「…わかった」 

「約束だよ…」 

深雪の痛みが痛い程感じた。 
そして、その優しさが… 
俺の心を刺激し… 
そして、涙がこぼれそうになった…。 

俺は、それを誤魔化す為… 
深雪と唇を重ねた… 

永い永い時の流れの時間が、走馬燈の様に蘇る… 
涙が止まるその時まで… 
唇を重ねた。 

・・・・・ 
・・・・ 
・・ 
・ 

俺は、深雪から薬とナイフを渡される。 

「いってらっしゃい」 

妻が夫の仕事に見送るかの様に、暖かい笑顔で深雪が俺を送り出す。 

「いってきます」 

俺は、夫が仕事を見送る妻にするように手をあげた。 

そして、一気に薬を飲干した。 

夢を見る時の感覚… 
目の尻尾をひっぱられ、脳が後退して行くのが解る。 
目を閉じて、再び目を開けた時。 
二度寝から覚めたような感覚のまま… 
誰も居ない、研究室の中に居た… 

そこにあった、コートを羽織り、内ポケットにナイフをしまった。 

かなりの急ぎ足で俺は、あの時の公園に向かった。 

若い俺と若い深雪… 

ふたりは、目を向き合い何かを話して居た。 

刺さなきゃ… 

深雪を刺さなきゃ… 

そう思っているのに体が動かない… 

幸せそうに笑う深雪を見た時… 
手が震えた… 

俺が躊躇していると、懐かしい香りと共に、俺の横を誰かが横切り… 

そして、深雪の背後に向かうと、光る何かが見えた後… 

深雪はガクリと倒れた。 
そして、刺した本人は後ろずさり… 
走って逃げて行った… 

俺は、追いかけた。 
その匂いに心覚えがあるから… 

走って追いかけ、押し倒し、掴まえた。 

そして、俺はその人の名前を呼んだ… 

「深雪?どうして…」 

深雪は涙を浮かべながら震える声で言った。 

「やっぱ、伸二には、私を刺す事できないよね?」 

深雪は、小さく震えながら、涙を流した。 

「でも… 
刺さないでくれてありがとう… 
私、そう言う所を含めて…」 

深雪は、息を止め流れる涙を止めようと鼻の穴が小さく動いた。 

「好きだったよ…」 

そして、無理に作った笑顔ではなく… 
本当に幸せな顔で笑顔を作った後… 
深雪の姿が消えていった… 

そして、俺もまた… 
意識を失うような感覚に覆われ… 
そして、目を閉じた… 

次に目を覚ました時… 

俺は、研究室の中に居た… 

懐かしい匂いがした… 
懐かしい感覚がした… 

生きている銘が、そこに居た… 

一点の場所を見つめ、放心状態で立っていた… 
そんな銘に俺は、こう言った… 
「ただいま…」 

銘は、俺の姿を確認すると、小さな子供が泣くように、「わーん」と泣いた。 


いつも大人ぶって、俺よりも年下なのに、精一杯背伸びして居た銘… 

そんな銘は、涙をぼろぼろ流し、一生懸命涙を手で拭って居た… 

この時、初めて自分がどんだけ残酷な事をしたのか… 
それが初めてわかった気がする… 

俺は、銘を抱き締めると、銘はそれに応じるかのように俺の胸の中で
涙を流して居た。 

「ただいま…」 

涙が止まらないまま、声を出さず、コクリと頷いた… 

「もう、どこにも行かない… 
だから、これからも、ずっと一緒に居てもいいか?」 

「もう、どこにもいかないで…」 

俺の胸で涙を流し… 
残酷な事をした俺を、受け入れてくれる銘を見ると… 
絶対に幸せにしてやろうと思った… 

だから、銘の手が血まみれになっている… 

その事には、一生触れないでいこう… 

そう心に誓った… 

答えは、心の中に… 

おわり 



if 〜 未来で生きた君へ・・・

top Back