×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


17
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


深雪は、今も泣いている。 
だけど、なんて言ったらいいのか解らない。 

「おめでとう?」 

「ありがとう?」 

「今すぐ結婚しよう?」 
おめでとうは、他人行儀だよな… 

ありがとうも何か変だ… 
婚約したばかりなのに、結婚しようもおかしい… 
「どうして、黙るの…?」 

深雪が、不安げに俺の顔を見ている。 
だけど、俺は雲の無い空を見つめるしかできなかった… 

深雪が、俺の腕を掴んだ。 
その手は、プルプルと震えている。 
俺は、その手を振りほどき、ベットから降りた。 
深雪は、目を下ろし歯を噛締めた。 

「トイレに行って来る…」 

俺は、そう言い残しその場をさった。 
背後から深雪の啜り泣く声が聞えた。 

何をやってるんだろう… 
俺は、こんな事をする為に戻って来たのか? 

深雪を救う為に、過去に戻って来たはずなのに… 
今、アイツは、泣いて居るじゃないか… 

俺は… 

「深雪。 
俺、子供を愛する事できるかな?」 

俺は、足を止め深雪に尋ねた。 
深雪は、立ち上がると俺の体を抱き締めた。 

「大丈夫だよ。」 

違うんだ… 
深雪… 
君は、本当はあの時、死んでいたんだ… 
そして、助かるはずだった銘が死んだ… 

俺は、心の中で銘への謝罪と、生まれて来るはずだった悠多への謝罪… 
そして、深雪のお腹の中の子への不安でいっぱいになっていた。 

だけど… 
だけど… 
前に進まなければいけない。 
きっと、こんな俺を銘が見たら説教するんだろうな… 

俺は、涙を止め深雪に言った。 

「三人で、幸せになろうな…」 

「うん。絶対だよ… 
絶対だからね…」 

「ああ、ありがとう」 

「うん… 
ありがとう…」 

俺が背負わなければイケナイモノは想像より遥かに大きい… 

だけど、それを深雪にまで、背負わせる事は出来ない。 

俺は、幸せになる事で、きっとそれが軽くなるのだろう… 

頭の良い銘の事だ… 
こうなる事は、想像できていたのだろう… 

俺たちの物語は、これからであり… 
これで、終わるのだ… 

俺たちは、次の日。 
会社に休暇届をだし。 
深雪の父親に合いに行く事になった。 



if 〜 未来で生きた君へ・・・

top Back Next