×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


16
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


何ごとも無く日が過ぎ… 
何ごとも無く会社に来て… 
何ごとも無く深雪を愛する… 

仕事にいけば研究所。 
休憩時間は、深雪が指輪を誇らしげにつけている。 

俺がやってしまった事。 
それは、銘を救う事が出来なかった… 

しかし、銘救えば深雪が死んだのだ…。 
もう一度、薬を作るか…? 

俺の中で、歯痒い葛藤が続いた。 

「ねぇ… 
最近元気ないよ?」 

ベットで横たわる俺を見て、深雪は心配そうに俺の目を見つめた。 

深雪の目は、不安の色で満ち溢れ、そして涙を今にも流しそうな感じだった。 

「そんなこと…ない」 

「嘘… 
私と同棲した時… 
うんん、同棲する少し前から、伸二の様子がおかしいよ…」 

「……」 

何も言い返せなかった。 
何も浮かばなかった。 

出来た事と言えば、キスをして、深雪の口を塞ぐ事だけだった…。 


何をしているのだろう… 
キスの後に言われる言葉が怖くて、いつもより長いキスをした。 

そして、キスが終わり何かを言おうとした深雪に俺は、プロポーズをした。 

「結婚しよう… 
絶対幸せにするから…」 

深雪は、何も言わずシーツをくしゃりと抱き締めながら・・・
そして、息をかみ殺しながら、泣いた。 

どうしたら、いいのだろうか… 

解らなかった。 

抱き締めて、キスをして、そして愛し合う… 

それで、誤魔化す事等出来ない…。 
そんな子供騙しは通じないだろう… 

すると深雪は、泣きながら今にも消えそうな声で言った。 

「私ね… 
伸二にね、謝らなければ行けない事があるの…」 

聞くのが怖かった。 

『他に好きな人が出来た』 

『伸二の事好きになれなくなった』 

言われる、あらゆる言葉を覚悟した。 

「赤ちゃんで来たの…」 
俺は、言葉を失った。 

「あのね…
 絶対伸二の子なの!私、伸二以外の人と、そう言う事をしてないし…」 


俺が、混乱して黙っていると深雪は小さな声で呟いた。



if 〜 未来で生きた君へ・・・

top Back Next