×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


13
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


「お家の電話番号とかわかるかな?」 

若いスタッフの質問に美穂は、首を振った。 
美穂の持ち物と言えば、小さなクマのぬいぐるみが、ひとつだけ… 

「警察に連絡しますか?」 

スタッフの誰かが言った。 

しかし、迷子の可能性も捨て切れず、警察に連絡と言う訳にもいかなかった。 

すると、この状況に不安を感じたのか美穂は、深雪のスカートを引っ張った。 

「どうしたのかな…?」 

と、深雪は美穂に目線を合わせて尋ねた。 

「ママとお話したいの?」 

「うん。でもお家の電話番号わからないよね…」 

すると美穂はクマのぬいぐるみの背中のファスナーを開た。
驚く事に美穂はそこから携帯電話を取り出したのだ。 

「はい、これでママとお話できるよ♪」 

と、満面な笑みを浮かべながら深雪に携帯電話を渡した。 

スタッフの人が深雪からその携帯電話を借りた。
そして、すぐにその子の親に連絡を入れた。 

十分位だろうか… 
電話のやりとりが続いた。 

電話を担当したスタッフが、泣きそうな顔をして話しかけて来た。 

「なんか、夜に迎えに行くからそれまで、預かって欲しい…と言われまして…
 その、断ったのですが、一方的に電話を着られてしまいまして…」 

と、愚痴をこぼした。 

「なので、折角のデート邪魔しちゃ悪いので♪
 ここは、私がやりますので楽しんで来てください…」 

そう言われたものの、正直、歯がゆかった。 
深雪は、わざと聞こえないふりをして、美穂と人形遊びをしていた。 

俺は、美穂の目を見ながら聞いてみた。 

「水族館まで一人で来たのか?」 

深雪はコクリと頷いた。 
「電車にはいっぱい乗った?」 

深雪は、コクリと頷いた。 

「後、バスにも乗ったよー。」 

なんとなく、俺の中で答えが決まった気がした。 
「水族館は好きか?」 

美穂は、ニッコリと笑い、「うん!」と頷いた。 
俺は、ダメ元でスタッフの方に尋ねて見た。 

「この子の親が迎えに来るまで、この子を預かってもいいですか?」 

スタッフは、驚いた顔で俺を見た。 
気持ちはわかる… 

普通は、ダメだろう。 

俺は言葉を続けた。 

「だって可哀相じゃないですか、水族館に来て何も見れないなんて…」 

スタッフは、困惑していた。
すると、先ほど出入り口に居た中年男性が声を掛けて来た。 

「良いと思いますよ。 
親御さんには、夜まで預かって欲しいと言われたのだから… 
伸二君、お願いしてもいいかな…?」 

俺は、コクリと頷いた。 
すると先ほどのスタッフの方が、水族館のフリーパスを3枚渡してくれた。 

「これ、私のおごりです」 

「ありがとう」 

俺は、二人にお礼を言うと、次は深雪を説得しようと思い振り返ると、
美穂と手をつないだ深雪が俺の腕を引っ張った。 

「早く行かないとイルカのショーに遅れちゃうよ?」 

深雪は、最初からそのつもりだったようだった… 

「ありがとう」 

俺は、深雪に聞こえないようにそっと呟いた。 





if 〜 未来で生きた君へ・・・

top Back Next