×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


12
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


俺達が、奥に入って行くと、じっと座り込んで居る男の子が居た。 

俺は、しゃがみ視線をなるべく合わせながら、その子に話しかけた。 

「こんにちは」 

男の子は、口の先を少しだけ上に上げると、コクリと頷いた。 

深雪も同じく視線を合わせながら、その男の子に話しかけた。 

「坊やのお名前は、なんと言うのかな? 
あ、私は深雪お姉さんで、このお兄さんは、伸二お兄さんだよ〜」 

男の子は困った顔をして俺の方を見た。 
確かにどこの体操のお兄さんなんだよ… 
って、感じだよな… 

俺は、男の子の顔をじっと見つめてからこう言った。 

「伸二だ。よろしくな」 
そして、手を出すとその子は、高い可愛らしい声でこう言った。 

「美穂です。」 

美穂… 
恐らく出なくても女の子の名前だよな… 
俺が、そう思って居ると、深雪が横から話しに入って来た。 

「君、もしかして女の子?」 

すると、美穂は苦笑いを浮かべながら笑った。 

帽子を被り、ズボンを履き髪も短いためずっと男の子かと思っていた…
だけど、どうやら女の子らしい… 
すると深雪は、美穂の帽子を俺に渡すと、カバンから取り出した出したリボンで
美穂の髪を結い始めた。 
美穂は、頬を赤くしながら、しきりに近くにある鏡の方を気にしていた。 

「はい♪完成 
これで、誰にも男の子とは言わせないぞ〜」 

と、ご機嫌な声で言った。 
「お前も間違っただろ?」と思ったが、口には出さないで置く事にした。 

鏡の前で笑う、美穂ちゃんの笑顔を見ていたらどうでもよくなった。 

美穂ちゃんは、おもちゃ箱から、おままごとセットを取り出した。 

すると、深雪の方を指でさして「ママ」と言い、俺を指差して「パパ」と言った。 

するとよせば良いのに… 
深雪は、また余計な事を尋ねた。 

「美穂ちゃんの、パパとママはどんな人なの?」 
すると美穂ちゃんは、悲しそうな声で言った。 

「パパとママは、お仕事ばっかで、遊んでくれた事ないの…」 

「でも、今日は一緒に来たんだよね?」 

と、深雪が尋ねると美穂は、首を横に振った。 

迷子センターのスタッフの人も話を聞いて居たのか、俺の耳元で、そっと呟くと、
小走りで出入り口の方へ向かった。 

「スタッフの方は、何て言ったの?」 

深雪は、美穂ちゃんを膝の上で抱きながら心配そうに俺の顔を見つめた。 

俺は、一呼吸を入れて深雪に伝えた。 

「センター長を呼んで来るってさ…」 

何故だか解らない… 
だけど、俺の小さい頃と今の美穂ちゃんは、少し似て居る気がする… 

そんな気がした。



if 〜 未来で生きた君へ・・・

top Back Next