×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


10
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


俺が、その喫茶店に入ると、ケーキを食べている深雪の姿があった。 

喫茶店に入ると、マスターが声を掛けて来た。 

「深雪ちゃん、来ているよ…」 

「あ、はい、じゃ、ホット一つおねがいします。」 

「はいよ…」 

この会話のやり取りも懐かしく感じた。 

そう言えば、過去に来てから、このやり取りをしていないや… 

俺は、そんな事を考えながら、深雪が待つテーブルに向かった。 

「おはよう」 

「あ、おはよう。 
早かったね」 

深雪は、寝起きなのか寝癖が立っていた。 

「で、打ち合わせって?」 

と、俺が言うと深雪は頬を膨らませながら 

「も〜 
傷ついた心を癒したくて、恋人を呼んだのに、わかってくれないか… 
目の前の恋人は…」 

と、『また無茶を…』と心の中で思いつつ尋ねて見た。 

「何かあったの?」 

「これから仕事なの〜」 

と、泣きそうな声で言った。 

「ん?手伝おうか?」 

「うんん… 
 なんか、学会の発表があるらしくて、教授達とこれから、
 ミーティングなの〜」 

「そっか〜」 

「だからさ〜 
明日の水族館の事なんだけど…」 

「うん」 

「十時に現地集合でもいい?」 

「え?」 

「何?私、変な事言った?」 

「いや… 
いつも見たいに迎えに行かなくてもいいの?」 
「いいの! 
だって、待合わせをした方が、なんかデートっぽいじゃん!」 

「そっか、了解♪」 

「朝這い、しようたってそうはいかないんだから!」 

朝這いとは、夜這いの逆で、朝にする事である… 

と、誰に説明しているのかは、謎だが… 

そろそろ行かないと間に合わないとの事なので、深雪は仕事に向かった。 
俺は、その夜… 
自宅で、昔のアルバムを眺めていた… 

「もうすぐ…もうすぐで、あの日が来てしまう…」 

そう呟きながら、アルバムを反対から眺めていた。 
アルバムを反対から、眺めると少しづつ過去に向かって行く感覚が・・・
そしてそれが、また新鮮でより深く思い出す事が出来た。 

入社式の写真… 
大学の卒業式の写真。 

この二人だけのアルバムを深雪が勝手に作った時の写真… 

確か、あの時は、ちょっと喧嘩したんだよな… 

「アルバムの位置をバラバラにしたら、ややこしくなる」

俺は、そう言ったのにアイツは聞かなくて… 

懐かしい思い出は、走馬燈のように蘇った。 

思い出も、もっとも古い… 
まだ、深雪の母親がいた頃… 
幼稚園のオリエンテーションの時の写真。 

日にちは、明日… 
そして、場所は明日行く場所… 
水族館だった…。 
そう、それは… 
二人が初めて出会った場所でもあったのだ…。 





if 〜 未来で生きた君へ・・・

top Back Next