×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


04
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


彼女の体は、思った以上に冷たくなり… 
そして、硬かった… 

綺麗な、その体は温め直せば、 

「も〜!信じられな〜い!」 

と、膨れた顔で怒鳴り散らして来そうだった… 

だけど、もう動かない… 
何故ならもう… 
彼女は死んでいるのだから… 

彼女は、友人に見送られる中、葬儀が行われる中… 
俺は、彼女との思い出が走馬燈のように回り巡った… 

それは、深雪の父親も同じだったらしく… 

葬儀が、終わってから、深雪との思い出を話し合った… 

いつまで、おねしょをしていただとか… 

告白された。 
チョコを作った… 

一人暮らしを始めると言った時、寂しかったとか… 

俺の知らない、深雪の一面を沢山知った… 

俺は、気付いた時… 
俺は眠ってしまっていた… 

それから、一週間… 
俺は、仕事を休み、ずっと家で眠っていた。 

職場では、深雪が死んだ事がまるで嘘のように、仕事に励んだ… 

それから二年が過ぎた頃… 

一人の少女が、研究室にやってきた。 

「あの… 
私、春雨 銘と言います! 
まだ、解らない事が沢山あると思いますが、よろしくおねがいします!」 

何処かで見た事があると感じた… 

それは、向こうも同じらしく… 

「あ、あなたは、あの時の命の恩人さん!」 

銘が、そう言った時、俺の頭に、あの事件の記憶が過ぎった… 

「あぁ… 
あのポニーテールの…」 

髪は、切ったのか、現在は、ショートカットだった。 

命は繋がっていた… 

なぜだか、その時、俺はそう感じた… 

それからと言うもの、彼女は俺に懐き、ことある事に、俺にちょっかいを出して来た… 

やがて、俺の中で、深雪の存在が消えかけた、あの事件から四年後… 

俺は、銘と結婚した… 

皮肉にも… 
あの事件のあった場所で、プロポーズされて… 

それから、間もなくして子供が出来た… 

名前は、ユウタ。 
悠久の悠に夕日の夕で、[悠夕] 

子供ができると時間が経つのが早いのか… 
悠夕は、小学生になった… 
丁度、その頃、世の中に[タイムマシン]が出来た… 

俺は、ふと深雪がこれで救う事が出来るのではないかと… 

しかし、金額は400億… 
とても、買える金額じゃなかった… 

研究員の仲間の誰かが言った。 

「若返りの薬でも開発したら、俺らでも、特許で買えるかもな…」 

最初は、俺も冗談で作ると、張り切った… 
そして、いつの間にか… 
本気で打ち込んでいた… 
深雪を救いたい。 
もう、一度深雪の笑顔を見て見たい… 

ただ… 
その心、一心で…





if 〜 未来で生きた君へ・・・

top Back Next