×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


06
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


よく、子供には人の死の現場を見せるのはよくないという人が居る。

確かに、元気だった母親の姿を知っている子供に、
その母親の死を見せるのは、きつく辛いかも知れない。

やがて、子供達は大人になる。

その時、母の死に際を見れなかった事を、後悔しないと言い切れるだろうか。

血を分けた親子なのだ。

子は親の温もりを……

親は子の温もりを……

そして、暖かい肉声を……


最後の最後まで聞く権利はあるはずなんだ。

そして、子は命の大事さを学んでいくのではないだろうか?

こう言った経験を済ませる事により、息子には母親の優しさと厳しさを、
娘は母親の温もりと強さを、こうやって引き継ぐのではないか?


私は、そう思えて仕方がなかった。


その日、萌は、子供達に見守られる中、ゆっくりと息を引き取った。


享年26歳

私と同じ年だった。 

イチゴミルク

top Back