×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


バルサン 2013年11月23日
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

みんな死んじゃえばいいのに・・・! 
俺は、そう思いある場所に薬物兵器を仕掛けた。 
目には見えない。 
誰かが言った。 

「銃は良い。剣やナイフと違って人の死に行く感触が手に残りませんから・・・」 

薬物兵器だってそうだと思う。 
その部屋に居る、ある生物の死に行く姿を手に取ることなく。 
実感することなく、そして見ることなく殺せる。 

使い捨てにはなるものの・・・ 
剣やナイフに比べて安く手に入る。 

俺は、全ての窓を封鎖し、そして換気を悪くした。 
無脳の如く知能の低い俗物共は、何も気づかず徘徊している。 
きっと彼らは、仕掛けられた事も何が起きたかも知る事もなく・・・ 
息絶えるのであろう・・・ 

俺は躊躇う事無く、スイッチを入れた。 
そして、すぐにその場を離れた・・・ 

所詮どんなに頑張っても、彼らは【虫】の息。 
この兵器の前では、息をする事もままらないだろう・・・ 

俺は外で食事をし、本を読み時間をつぶす。 
3時間などあっと言う間に過ぎていく・・・ 

その場所に戻り、換気をよくする。 
そう、そこは俺の城なのだ・・・ 
俺だけの城。 
俺が認めない存在がそこに居る。 
そんな事が許されるのだろうか?? 
だから、この殺戮も正義なんだ・・・ 
だから、これは正義なんだ・・・ 

俺は、自分にそう言い聞かせ、ベットに腰を掛けた。 
先程の本の続きを読む。 

数分が過ぎた頃・・・ 
首に違和感を感じた。 
チクリとした感触・・・ 
俺はその部分に、パチンと手を当てた。 
手には真っ赤に染まっていた。 

先程の生き残りが居たのだ・・・。 
俺は目の前が真っ黒になった。 

みんな死ねばいいのに・・・ 

俺は、心の中でそう叫び。 
本の続きを読んだ・・・ 

この薬物兵器の名を人はこう呼んだ。 

――――バルサン 

と。 




バルサン